健康

カテゴリ一 記事一覧

no image

近年は医学も進歩して…。

鼻で空気を吸えなかったり、鼻の内部から鼻を突く臭いがするといった症状がつきものの蓄膿症。実際のところは、花粉症などが元となって発症することもあると想定される、誰もがなりやすい病気だと考えられます。生活習慣病については、肥満あるいは糖尿病などとして知られ、かつては成人病と言われることがほとんどでした。食べ過ぎ、アルコールの度を越した摂取など、どちらにしても普段の食習慣が殊の外影響します。お腹が膨張す

no image

心臓などにヤバイ不調が見受けられない時でも…。

骨粗しょう症については、骨の健康を維持する時に絶対必要な栄養成分であるビタミンD・カルシウムあるいはタンパク質などが足りないことや、日光浴不足はたまた運動不足などが元凶となって見舞われる病気のようです。糖尿病につきましては、インスリン生成が困難な「1型糖尿病」も存在します。こちらに関しては自己免疫疾患だと想定されており、遺伝的ファクターがそれなりに関与していることがわかっています。心臓などにヤバイ

no image

「おくすり手帳」と申しますと…。

膠原病につきましては、各種の病気を表わす総称だそうです。病気により、そのレベルであったり治療方法も当然違ってくるのですが、原則臓器を形成している細胞の、尋常でない免疫反応が影響していると言われます。胸が重苦しい症状のみならず、息切れしたことがあるとおっしゃるなら、「心不全」だと言えそうです。重篤な病気のひとつなのです。腹部が膨らむのは、ほとんどの場合便秘もしくはお腹の中にガスが蓄積されるからだと考

no image

吐き気や嘔吐の誘因については…。

骨粗しょう症につきましては、骨の健康を維持する時に重要な栄養成分であるビタミンD・カルシウム又はタンパク質などを取り込んでいないことや、飲酒喫煙とか日光浴不足などが理由で生じる病気だということです。目に入るものが曲がって見える白内障とか加齢黄斑変性など、メインとして年齢を重ねることが原因だと認識されている目の病気は多数あるようですが、女の人達に顕著なのが甲状腺眼症だそうです。強制的に下痢をストップ

no image

人間は…。

筋肉のコリや頭部の血管が押し広げられたりすると、頭痛がもたらされるようです。その上精神面における安定状態、ライフスタイルいかんによっても頭痛が発生します。糖尿病と言えるような数字ではないが、正常値だとも断言できない血糖値状態を境界型と呼びます。境界型は糖尿病とは一線を画しますが、この先糖尿病と化してしまうことが想定される状況です。昔は成人病とも呼ばれた糖尿病はたまた高血圧などの既往症を持っていると

no image

花粉症対策用の薬等々に組み込まれている抗ヒスタミン成分は…。

花粉症対策用の薬等々に組み込まれている抗ヒスタミン成分は、くしゃみであったり鼻水を止めるには効果的ですが、眠くなることがわかっています。これでわかると思いますが、薬には副作用があると理解すべきです。発見のタイミングが遅れてしまうほど、死亡の確率が高まる肺がんの甚大なデンジャラスファクターは煙草で、毎日タバコを吸う人が肺がんに冒される危険性は、タバコを吸わない人と比べて、少なくとも5倍以上だそうです

no image

人間は…。

甲状腺に起因する疾病は、男女の罹患率に大差があり、女の人からみたら、バセドウ病などは男性の5倍くらいだそうです。それがあるので、甲状腺眼症の場合も女の人が気を付けて欲しい疾病だと思っています。どんな時も笑顔でいることは、健康でいるためにも効果的です。ストレスの解消にとどまらず、病気の治癒にも一役買うなど、笑顔には信じられない効果が満載です。人間は、体温が下がるとターンオーバーのパワーが減少し、ウイ

no image

健康に毎日を過ごせている人は…。

従来なら成人病とも呼称されていた糖尿病ないしは高血圧などの既往症がありますと、その事が端緒となり脳卒中に進んでしまうこともあるそうです。私達日本人の25%と言われている肥満もその流れにあると考えられます。たくさんの女性が参っているのが片頭痛のようです。消すことができない痛みは、心臓の収縮と連動するようにやって来ることが通例で、5時間~3日位持続するのが特質であります。街中で目にするドラッグストアな

no image

突如足の親指等々の関節が腫れて…。

今は医学も進歩して、様々ある病気につきましても、研究が進められているわけです。ところが、今もなお快方に向かわない人がたくさんいますし、治療できない病がかなりの数にのぼるというのも嘘ではありません。動脈は年を取れば老化し、段階的に弾力性が失われ、硬くなるようです。いわば、動脈硬化は老化現象の内だということですが、進行度合いはその人次第です。特定保健用食品(トクホ)はもとより、諸々のサプリや栄養剤は、

no image

高血圧だと診断されても…。

花粉症患者さん向けの薬等々に入っている抗ヒスタミン成分は、くしゃみであったり鼻水は沈静してくれますが、眠くなってしまうことを覚悟しなければなりません。つまり、薬には副作用と言われるものが見られるのです。特定保健用食品(トクホ)はもとより、多くのサプリメントや健康補助食品は、どれもこれも「食品」の範疇に入れられており、見た目は一緒でも薬ではないので、ご注意ください。個人個人の症状に応じた薬を、担当の